ブロック工事について

コンクリート工事の概要

コンクリート工事を行う時には、様々な手順を踏む必要があります。ここでは家の基礎を例にとって手順をご紹介していきたいと思います。

コンクリートの基礎工事

コンクリート工事の中でも住宅のコンクリート基礎の工事はかなり大規模な部類に入ります。コンクリート工事の第一歩は、まずはじめに基礎を設ける土壌に砂利を敷き詰めて、上から強い力を加えて突き固める事から始まります。これを転圧と言って、長い時間を掛けて住宅の重量が土壌にかかっても傾かないようにするための措置です。コンクリート工事の本番はここからで、転圧が終わった砂利の上に捨てコンクリートと呼ばれるコンクリートを流し込みます。これによって 基礎の基礎が出来上がります。コンクリート工事はまだまだ続きます、鉄筋コンクリ-トではこの段階で鉄筋を組み、基礎構造の骨組みを作ります。基礎の骨組みである鉄筋の配筋が終わった時点で型枠を組み、コンクリートを流し込む準備を整えます。

コンクリートの流し込み(打設)

コンクリート工事の大詰めがここからです。打設と呼ばれる作業では型枠にコンクリートを流し込み、更に中に気泡が入ったり、コンクリートが型枠内で回っていない場所がないようにコンクリート工事の担当者がハンマーやバイブレーター等を使って型枠内に均一にコンクリートがまわるようにします。ここまでで工事は完了、養生期間が終われば綺麗に固まったコンクリートが型枠の中から現れます。