コンクリートは定期的に点検を

耐久性があり高強度、またデザイン性にも優れている優秀な素材、コンクリート。駐車場や建物の周りの塀など、私たちの生活で目にする様々なところにコンクリート工事が施されていますよね。コンクリートにヒビが入っているのを見かけたことはありませんか?なかにはそのヒビや割れが大きな事故につながることもあり非常に危険なため、定期的な点検、場合によっては補修のコンクリート工事が必要です。

コンクリート工事後にはしっかり点検を
最近では耐震が重要になったこともあり、コンクリート工事においてもこれまで以上に強度が高いコンクリートが増えましたが、古いものだと強度が十分とはいえないものも多くあります。コンクリート工事後、定期点検の際に見ておくべきポイントは、コンクリートの表面です。コンクリートが剥がれて砂利が浮き出てしまっているものは要注意。鉄筋がむき出しになり、腐食が始まっているおそれがあります。早めの対策や補修のためのコンクリート工事が必要です。

補修のためのコンクリート工事
鉄筋は空気に触れると酸化し、劣化していきます。これはコンクリートにひび割れが入っている場合にも言えることです。したがって、ひび割れや表面に砂利が浮き出ているのを見つけたら、補修するためにコンクリート工事が必要になります。正しく施工されてはじめてその持ち味を活かすことができる素材、コンクリート。防火や防犯をはじめ、プライバシーも守ってくれます。もし住宅にコンクリート工事がされている、駐車場にコンクリート工事がされているというのであれば、いちどその表面がどのような状態なのか確認してみることをおすすめします。