ブロック工事やコンクリート工事にも基礎が大切です

ブロック工事はしっかり基礎がある

海外の地震の無い地域では、ブロック工事をする時や家を建てる時でも、ただレンガを積み上げるだけの作業で家が建ってしまいますが、地震大国日本ではブロック工事をする時に重要なのは基礎をしっかりと作ることです。
ブロック工事はもちろんお金がかかるものなので、ブロック工事にかかる経費を浮かせるために、基礎に手抜きをしたブロック工事をしたり、知識の無い人が自分でブロック工事をしてしまったりします。
もちろん当面はそんなブロック工事をしたブロックでも耐えてくれますが、地震が来たらどうでしょうか?
もし中途半端なブロック工事をしたところに人が通ってきたら?怪我では済まないかもしれません。
こうしたことからしっかりとブロック工事をすることが大切なのです。
鉄杭がただ刺さっているだけブロック工事をしているところもありますが、ブロック工事は鉄杭をさらにL字型やT字にした状態にしなくてはいけません。

コンクリート工事も基礎がある

もちろんコンクリート工事も基礎がしっかりとしていなくてはいけません。
基礎がしっかりしていないコンクリートはすぐにひび割れをしてしまいます。
コンクリートをただ流しただけのコンクリート工事、コンクリートの厚みをわざと薄くするようなコンクリート工事ではいけないのです。
またコンクリート工事が雑だと凹凸が出来て、事故や怪我の原因ともなり得るのです。

ブロック工事やコンクリート工事

ブロック工事やコンクリート工事を業者さんに頼む際に、どのような工事を行ってくれるのかを、分かりやすく具体的に説明してくれる業者さんを選びましょう。ブロック工事やコンクリート工事をしっかり行っていないところはそうした説明を曖昧にしてきます。図で書いてもらったり、分かるように説明が出来ない業者さんは怪しいと思って良いでしょう。