基礎が重要です

積み上げるだけではありません。

最近は、ホームセンターに行くと様々なものが販売されています。中にはプロも愛用するような専門工具や住宅用建材も珍しくありません。

ブロック工事のご検討中の方の中には、ホームセンターでブロックを購入して、自分でブロック工事をやろうとお考えの方も多いと思いますが、万が一にも事故が起きたら、と思うときは、まず専門業者に任せてみるのがお勧めです。

皆さんの中には、ブロック工事といえば、単にコンクリートブロックを積み上げて、モルタル等を塗れば完成とお考えの方も居るでしょうが、それは大きな間違いです。

耐震性を備えた、安全なブロック工事を行うにはそれなりの準備と技術が必要なのです。

基礎が必要です

コンクリートブロックで作られた塀は、住宅の周囲をぐるりと取り囲むように設置されていますが、これらのブロック塀は通常地中に基礎を設けています。この基礎を設けることで、地震による揺れなどでブロック塀が倒壊することを防いでいます。

もし、この基礎がないままブロック塀を立てると、ちょっとした振動などでブロック塀が倒壊することがあります。
また、倒壊しなくても、しばらくするとブロック塀自体の重量で地面の中に沈み込むこともあります。
基礎を設けることで、こうした症状を無くし、長い間ブロック塀が使えるようにすることが出来ます。
ブロックによる簡単な倉庫なども、基礎を設けることで同じように長期間使えることになりますので、より基礎工事が重要になります。