地震に強い鉄筋コンクリート構造

地震の多い国にはコンクリートがお薦めです
近年、海外において地震によって家がみる影もなく崩壊しているニュースをよく見ます。過去に地震があまり発生していないという歴史があって、レンガ造や木造などの建物が主流になってしまっているのがその原因の一つです。日本もまだまだ木造住宅が多くはありますが、昔から地震とは背中合わせで暮らしてきていることもあり、木造でも地震に強い工法が採用されていたり、公共施設や大型施設は、鉄筋コンクリート構造、或いは鉄骨鉄筋コンクリート構造が主流となっています。地震に多い国においてはコンクリートを使った構造が望ましいのです。

コンクリートの特徴
鉄筋コンクリート構造の特徴は、前章に挙げたように耐震性に非常に優れているということです。コンクリートだけでも頑丈ですが、コンクリートの剥離を防止し、コンクリートのせん断を防ぐために沢山の鉄筋も入っています。これにより、大きな地震が来ても、海外の例のように崩壊するようなことは防げます。他にも鉄筋コンクリート構造は、耐火性、遮音性、耐熱性、耐久性にも長けている上、コンクリートの材料であるセメント、砂利、砂、水も安価で大量に手に入れやすいため、建物を沢山建てるには非常に都合が良いのです。

コンクリート工事は専門業者に
いくら鉄筋コンクリート構造と言っても、コンクリートのセメントと水の割合が正しくなければすぐに崩れ落ちてしまうようなコンクリートになってしまいますし、柱や梁などの大きさに対して適切な鉄筋の量というのが決まっています。コンクリート工事は正しい知識と技術を持った業者に委ねるべきです。施工の際は実績と信頼のある業者を選ぶようにしましょう。